m3.com学会研究会メールマガジンバックナンバー

m3.com学会研究会では、医療従事者の皆さまに役立つ情報をメールマガジンで配信しています。


【m3.com学会研究会 管理者通信 Vol.11】
TOP
2016年7月27日配信

☆入会申請の承認☆
m3.com学会研究会の承認システムのおさらい


m3.com学会研究会では、各団体に個人のm3.com IDを紐付けすることで
学会費の徴収をインターネット上で完結させるサービスや、「会員限定コンテンツ」の閲覧を可能にしています。
学術団体のサイトにm3.com IDが紐付けされている状態の会員を、所属会員といいます。
各医療従事者が団体サイトの所属会員になるためには、「管理者による承認作業」が必要です。


管理画面で「承認待ちの会員」をチェック

承認待ちの会員がいる場合、管理画面トップに「○名が承認待ちです!」と記載されます。



これは、ホームページ上から「入会申請」を行った状態です。
この段階では、まだ申請を行った会員は所属会員ではありません。

管理者が会員情報を確認し、自身の学会・研究会に入会する資格のある会員を「承認」する必要があります。
管理者が承認を行うまで、入会申請を行った会員は会員限定コンテンツの閲覧、年会費の支払いなど
「所属会員としてホームページを利用する」ことができません。

承認待ちの会員がいる場合、できるだけ早く対応することが大切です。


m3.com学会研究会から、金曜日にメールでお知らせ!

会員管理は大切な作業ですが、毎日「いるかどうか分からない承認待ち」のために
管理画面にログインするのは大変…という方も多いでしょう。
そこでm3.com学会研究会では毎週金曜日に、承認待ちの会員がいる管理者の方へメールをお送りしています。
メールが届いたら、管理画面にログイン、申請待ちの会員の承認作業を進めてください。


「承認した会員」は会員限定コンテンツを閲覧できる

承認とは、自分の運営する学術団体・研究会のホームページ会員としてm3.com IDの紐付けを行うこと。
会員限定コンテンツがある場合、このコンテンツの中身も見ることができます。
会員限定コンテンツがある最も大きなメリットは、「所属会員だけの特典」として情報を提供できること。

会員限定コンテンツの作り方は各ホームページで違いがありますが、
学会誌や貴重な資料などを会員限定コンテンツにしている学会・研究会が多いようです。



「会員限定コンテンツ」を作るメリットは、 「インターネットは怖くない!ホームページ制作基礎編」 でお伝えしています!
会員情報を確認し、管理者の運営するホームページの承認対象であれば、なるべく早めに承認手続きを行うことをオススメします。


まとめ

今回は、入会申請の承認についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
申請を行うということは、「ホームページの注目度が高い訪問者」と考えることができます。

定期的に管理画面をチェックすることは、ホームページの情報管理でも役立ちます。
週に1度は管理画面をチェックすることから始めてみてはいかがでしょうか?

m3.com学会研究会では、ホームページに関するサポート体制を充実させています。
お気軽にお問い合わせください!


管理画面へ
お問い合わせ



■バックナンバーはコチラ
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.10】☆必見☆ホームページ更新のベストタイミングと載せるべき情報
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.8】クレカ決済もできる!イベント決済を申し込む3つのメリット
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.7】簡単3ステップ!イベントの登録手順と編集方法
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.6】「一斉メール送信」で所属会員に告知をしよう
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.5】m3.com学会研究会オススメ!3つの決済サービス
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.4】使わないと損?3つの無料サービス
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.3】ホームページの情報を更新する3つのメリット
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.2】インターネットは怖くない!ホームページ制作基礎編
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.1】会員を増やすコツ