m3.com学会研究会メールマガジンバックナンバー

m3.com学会研究会では、医療従事者の皆さまに役立つ情報をメールマガジンで配信しています。


【m3.com学会研究会 管理者通信 Vol.17】
TOP
2017年1月19日配信

合言葉は「ユーザー目線」
ホームページのデザイン崩れをチェックしよう


ホームページを運用する上で大切になる「ユーザー目線」。
これは、見る人の気持ちになってホームページを更新していく、運用するというものです。
情報を多くの人に見てもらうことで、会員の取得やイベントの参加人数は左右されます。
今回は、「ユーザー目線」についてご紹介します。


管理画面更新のあとに「ホームページをチェック」

ホームページの情報を管理画面から更新したら、必ず自分のホームページを確認しましょう。
m3.com学会研究会では、HTMLやCSSなどの専門知識を必要としないホームページ運用ができることが大きな特徴です。
その分、管理画面で入力した文章はホームページを見て確認する必要があります。
反映確認は、管理画面トップページのURLを選択するだけ。



文章は改行して、「読みやすく」

文章を論文のように書ききってしまうと、ホームページでは少し読みにくい印象を与えてしまいます。
大会の詳細は、一文ごとに改行を追加することで読みやすくしましょう。
長い文章の場合、読点(、)で改行を行ってみましょう。
また、大会テーマなどはカギカッコを付けるだけで読みやすくなります。
特にイベントページの詳細や備考は、デザインの観点から文字の横幅が少し狭くなっています。
意識的に、読点と改行を使うことをオススメします。



特設ページ更新は要注意!デザイン崩れが起こっていないかチェック

特設ページでは、HTMLを利用したデザインを反映させることができます。
しかし、HTMLのソースを間違えてしまうと右上にあるはずの入会申請ボタンの位置がずれてしまいます。
管理画面から更新を行った場合、デザイン崩れがないことを必ず確認してください。
デザインが崩れてしまう原因は様々ですが、多いのが</div>タグが抜けているというケース。
特設ページの一番下に、タグを追加してみてください。
どうしてもデザインが崩れてしまって戻せないという場合には、サポートセンターまでお問い合わせをお願いします。



まとめ

ユーザー目線でわかりやすいホームページとは?をご紹介しましたが、いかがでしたか?
まずは「更新したら、ホームページを必ず確認すること」
そして、次に「読みやすい文字列の長さ」を考えて、改行すること。
この2点を意識して、ホームページを運用してみてくださいね!



関連リンク

【m3.com学会研究会管理者通信Vol.10】☆必見☆ホームページ更新のベストタイミングと載せるべき情報
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.11】☆入会申請の承認☆m3.com学会研究会の承認システムのおさらい
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.13】☆基本操作のおさらい☆マニュアルの再確認とバックナンバーのススメ

管理画面へ
お問い合わせ



■バックナンバーはコチラ
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.16】☆メールを送るだけ☆管理者追加で「管理をスムーズに」
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.15】☆お悩み解決☆管理画面操作説明サイトでサイト管理をもっと便利に
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.14】☆簡単3ステップ☆インフォメーションでサイト更新をお知らせ
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.13】☆基本操作のおさらい☆マニュアルの再確認とバックナンバーのススメ
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.12】☆検索エンジンにヒット☆3ステップで学会概要を掲載しよう
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.11】☆入会申請の承認☆m3.com学会研究会の承認システムのおさらい
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.10】☆必見☆ホームページ更新のベストタイミングと載せるべき情報
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.8】クレカ決済もできる!イベント決済を申し込む3つのメリット
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.7】簡単3ステップ!イベントの登録手順と編集方法
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.6】「一斉メール送信」で所属会員に告知をしよう
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.5】m3.com学会研究会オススメ!3つの決済サービス
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.4】使わないと損?3つの無料サービス
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.3】ホームページの情報を更新する3つのメリット
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.2】インターネットは怖くない!ホームページ制作基礎編
【m3.com学会研究会管理者通信Vol.1】会員を増やすコツ